読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美活が好きな人に悪い人はいない

30代ノー天気OLが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

本日も、つやつや美肌になる方法について調べています。

セラミドは肌表面の角質層の重要な機能を守るために不可欠となる物質であるため、加齢が気になる肌やアトピーで敏感になった肌にはセラミドの継続した補充は欠かしてはいけないケアの1つでもあります。

注目されている美容液というのは、美容に効果のある成分をできるだけ濃くして、高い濃度で加えている抽出物で、間違いなく不可欠なものといったものではないのですが、試しに使ってみると翌日の肌のハリ具合や保湿状態の歴然とした違いに心地よいショックを受けるかもしれません。

乳液やクリームのような油分を塗らずに化粧水だけ塗る方もかなり多いのですが、それは大きく間違っています。保湿をちゃんと行わない事でむしろ皮脂が多く出たりニキビが出やすくなったりするわけなのです。

皮膚の上層には、頑丈なタンパク質からできた強い角質層が覆うように存在しています。この角質層部分の角質細胞の間をセメントのように埋めているのが「セラミド」という細胞間脂質の一つです。

皮膚表面にある表皮には、強靭で丈夫なタンパク質を主体とした強固な角質層で覆われた層が存在します。その角質層の細胞同士の隙間をモルタルのように埋めているのが「セラミド」と呼ばれている細胞間脂質の代表的な成分です。

全身のヒアルロン酸の量は乳幼児の時が一番豊富で、30代を過ぎるころから急激に減るようになり、40代の頃には赤ちゃんの時期と比較すると、ほぼ5割まで減少してしまい、60代以降にはとても少なくなってしまいます。

コラーゲンという物質は、美しさと健康のためにはないと困る大切な成分です。健康な身体に重要な成分であるコラーゲンは、体内の新陳代謝が悪化すると食事などで補充することが必要になります。

体の中に取り込まれたセラミドは一度は分解され違う成分に変わってしまいますが、その成分が皮膚の表皮に行き届きセラミドの生成が開始され、角質層内のセラミド含量が次第に増えるのです。

食品として体の中に摂取されたセラミドは生体内で分解され違う成分と姿を変えるのですが、その成分が皮膚表皮まで達することでセラミドの生成が開始され、表皮のセラミドの生産量が増加していくとされています。

水の含有量をカウントしない人の身体の約5割はタンパク質によって構成され、そのうちの35%前後がコラーゲンとなっています。コラーゲンの持つ主な役割は身体や臓器などのあらゆる組織を作る素材となる所です。