読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美活が好きな人に悪い人はいない

30代ノー天気OLが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

ダラダラしてますが美肌を作る対策の事を調べてみました。

化粧水に期待する重要な役目は単純に水分を浸みこませることというよりは、肌が持つ本来の活力が有効に出せるように肌表面の健康状態を良好に保つことです。

様々な企業の新商品がパッケージにされたトライアルセットもあって人気を集めています。メーカー側が非常に肩入れしている新シリーズの化粧品を効果がわかりやすいように一通りパッケージにしたアイテムです。

油分を含む乳液やクリームを控えて化粧水だけを使用する方もたくさんいると言われますが、このやり方は間違っています。保湿を完全に実施しなかったために皮脂が多く出る結果になったりニキビ肌になったりするわけなのです。

女の人は一般的にスキンケアの際化粧をどうやって使うのでしょうか?「手で肌に浸みこませる」と返答した方が圧倒的に多い結果が出され、コットンを使う方は予想以上に少数でした。

最近までの研究で得られた知見では、胎盤から抽出されたプラセンタには単純な栄養素である栄養成分だけというのではなく、細胞の分裂速度を適切な状態に調整する成分が入っていることが明らかにされています。

結構耳にする高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに作られる“細胞間脂質”を指し、水分を約3%程度抱き込んで、細胞同士を接着剤のような役割をして結びつける機能を持っているのです。

ヒアルロン酸という物質は人体の細胞間組織に広範囲に分布しており、健康的で美しい肌のため、高い保水力の持続や衝撃を受け止めるクッションのような役目で、繊細な細胞をガードしています。

油分の入った乳液やクリームを使わずに化粧水だけ利用する方もいらっしゃると想定されますが、このようなケアは現実的には決定的な勘違いです。保湿をしっかりやらないためにかえって皮脂が多く出てしまったりニキビが出てしまったりする場合が多いのです。

今日に至るまでの研究結果では、プラセンタの中には単純な栄養素である栄養成分のみにとどまらず、細胞分裂のスピードを適度にコントロールすることのできる成分がもともと含まれていることが明らかになっています。

若さのある健やかな皮膚にはセラミドがたっぷり保有されており、肌も潤ってしっとりなめらかです。しかしながら、年齢を重ねることで角質層のセラミド量はわずかずつ低下します。