読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美活が好きな人に悪い人はいない

30代ノー天気OLが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

くだらないですが、毎日の美容方法の要点をまとめてみました。

成長因子が多く含まれるプラセンタは絶え間なく元気な新しい細胞を作り古いものと入れ替えるように促進する効果を持ち、体の中から端々まで一つ一つの細胞から肌だけでなく身体全体の若さを取り戻してくれるのです。

老化による肌のヒアルロン酸の低減は、肌の潤いを甚だしく悪化させるだけでなく、肌全体のハリもダウンさせ辛い痒みのある乾燥肌やシミ、しわが作られる誘因 だと想定できます。

新生児の肌が水分たっぷりで弾力のある張りがあるのはヒアルロン酸をとても多く体内に有しているからに違いありません。水分を保持する能力がかなり高い成分のヒアルロン酸は、皮膚の瑞々しさを守る化粧水のような基礎化粧品に用いられています。

コラーゲンというものは高い伸縮性を持つ繊維性タンパク質の一種で細胞を密に接着する役目を持ち、ヒアルロン酸という化合物は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分量が不十分になることを防ぎます。

皮膚表面にある表皮には、強靭で丈夫なタンパク質を主体とした強固な角質層で覆われた層が存在します。その角質層の細胞同士の隙間をモルタルのように埋めているのが「セラミド」と呼ばれている細胞間脂質の代表的な成分です。

アトピーで敏感になった肌の対処法に使用が推奨されることもある注目の保湿成分セラミド。このセラミドを配合して作られた潤い豊かな化粧水は保湿する効果が高く、様々な刺激から肌をきちんと保護する大切な働きを強固なものにしてくれます。

高い保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって形成されたネットワークの間を満たすように分布しており、水を抱き込むことにより、豊かに潤ったハリや弾力のある肌にしてくれます。

1gで6Lもの水を保持することができる成分であると言われるヒアルロン酸は、皮膚のほか様々な部分に多く存在していて、皮膚の中では真皮層内に多量にあるとの特色を備えています。

人の体内の各部位において、休む間もなく酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と必要に応じた合成が繰り返され新しいものに置き換えられています。加齢によって、この兼ね合いが崩れてしまい、分解量の方が増えてしまいます。

保水作用を持つヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって構築された網目状の骨組みを充填するような形で広範囲にわたり存在し、水を抱える作用により、潤いにあふれたハリのある健康的な美肌へ導くのです。