読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美活が好きな人に悪い人はいない

30代ノー天気OLが美肌に関するあれこれを毎日つづってます。

気になる!もっちり素肌ケアの情報を書いてみる。

美容関連の効果をターゲットとしたヒアルロン酸は、究極の保湿効果を謳い文句とした化粧品類や健康食品・サプリメントに使われたり、安全性の高さの点からヒアルロン注射という治療法としても応用されています。

コラーゲンという化合物は伸縮性に富む繊維性タンパク質の一種で細胞をしっかりとつなぎとめる役目を果たしますし、ヒアルロン酸という化合物は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分の蒸発を予防します。

お肌の真皮の7割がコラーゲンによって占められ、細胞集団と細胞集団の隙間をしっかりと埋めるように繊維状もしくは膜状に存在しているのです。肌のハリを保ち、シワひとつない肌を保つ真皮を形作る主だった成分です。

スキンケアの基本として重要な化粧水を肌に塗る時には、最初にちょうどいい量を手に取り、温かみを与えるような気分で手のひらいっぱいに広げ、均一になるよう顔全体にふんわりと行き渡らせます。

肌への効き目が表皮部分だけにとどまらず、真皮層まで届くことがちゃんとできる希少なエキスとして評価されているプラセンタは、表皮細胞の新陳代謝を活発にさせることで透明感のある白い肌を呼び戻してくれるのです。

結構浸透している高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝のプロセスの中で生まれる“細胞間脂質”のことで、およそ3%の水分を保有し、細胞の一つ一つを接着剤のような役目をしてつなぎとめる機能を持つ成分です。

コラーゲンという化合物は伸縮性に富む繊維状組織であって個々の細胞をつなぐための役割を果たし、ヒアルロン酸という物質は繊維状につながって構成されたコラーゲンの隙間に存在することで、水分の蒸発を阻止するのです。

美容液をつけたからといって、間違いなく色白の美肌を手にすることができるとの結果が得られるとは限りません。毎日のしっかりとした紫外線へのケアも必要です。状況が許す限り日焼けをせずに済むための工夫をしておくことが大切です。

普通女の人は洗顔のたびの化粧水をどういう具合につけているのでしょうか?「手でじかに肌につける」などのような回答をした方が圧倒的に多い結果になって、コットンを使う方はあまりいないことが明らかになりました。

顔に化粧水をつける際に、100回前後掌全体でパッティングするという指導を耳にしたことがあるかもしれませんが、こういうことはやめた方がいいです。肌の弱い方は毛細血管の損傷が起こり毛細血管拡張症(赤ら顔)のもとになります。